Happy Life Factoryの木の製品にはすべて
“ウレタン塗装”“オイル塗装”のどちらかが施されております。

どちらの塗装も安全性の高いものが使用されておりますので、安心してお使い頂けます。

こちらのページでは、塗装についてより詳しく知っていたいただけるように、
ご説明いたします。

ウレタン塗装

木は、何も塗装をしない状態では柔らかく、水分を吸収してしまうため、
食器として使ってしまうと、カビが生えてしまったり、傷が付いてしまう原因となります。

そこで、特に水で洗うことの多い食器類は、耐久性・耐水性を考慮して、
素材を強化するために樹脂含浸強化法を施した上で、 ウレタン塗装を施してあります。

これにより、水や熱にも強い食器としてお使いいただくことが可能です。

当店の商品に使われているウレタン塗料は、食品衛生法の基準をクリアしたもので、
シックハウス症候群等を引き起こす心配の少ない、最もホルムアルデヒドの含有量の少ない
JIS・JAS規格の定める検査安全基準で一番安全基準度の高い階級F☆☆☆☆(フォースター)
のものが使用されています。

北海道置戸町では、学校給食にも同じ塗装を施した木の食器が使われ、
子供達は毎日楽しく給食を食べています。



オイル塗装

当店で扱っている商品のうち、水に触れることのない雑貨(フォトフレームやハンガー)は、
ウレタン塗装ではなくオイル塗装となっています。

オイル塗装は木の表面に塗膜を作らず、木に染み込ませて素材を保護するため、
木 本来のぬくもりや肌触りを保ったまま、耐久性や表面強度を強化することができます。

安全性が高く、環境への負荷が少ない植物油ベース(ひまわり油・大豆油・アザミ油)の
オスモカラー」(ドイツ製)を使用しています。
このオスモカラーは防虫剤・防腐剤を一切含見ません。
乾燥した表面は人体・動物に安全であり、
“German Industrinal Norm DIN53 160”(ドイツ工業規格 唾液と汗溶解テスト)
“Euro Norm EN71”(欧州規格 玩具安全基準)に適合しています。


木の食器のお手入れについて

当店で扱っている木の食器は、先にご紹介しましたように樹脂含浸強化法を施した後、ウレタン塗装を
施しておりますので、せとものの食器と同じように扱うことが出来ますが、次の注意点を守って頂くことで、
より長くご愛用していただくことが出来ます。

* ご使用後は長く湯水につけておかず、普段の食器と同じようにスポンジと食器用洗剤で洗って頂いたあと、
  やわらかい布で水気をふきとってください。
  (たわし・みがき粉の使用はお避けください。)

* 電子レンジ・食器洗い機・乾燥機は、変形や破損の恐れがありますので使用しないでください。

* 変色や変形の恐れがありますので長時間直射日光に当てることはお避けください。

* カレーや梅干しなど、色素の強いものは染みが出来ることがありますのでお避けください。

* 強い衝撃を与えないでください。(割れることもございます。)

上部へ戻る